クラロワリーグ世界一決定戦2018の感想

2018-12-04クラロワ

どうも、天琥です。

昨日は世界一決定戦の試合を解説と共にお届けしようと思ったらまさかのアーカイブが4時間以上残らない事件が発生。

今では復活しているのでそのうち追記する形にするのでもう少しお待ちください。あれ、意外と時間かかるんですよ。

ポノスの試合しか書かない予定ですが全部書こうと思ったらマジで1日つぶれると思います。定時に帰るサラリーマンくらい時間かかっちゃうのでポノスだけで。

そのポノスだけでも数時間かかるので時間があるときにやります(たぶん今週中にはやる、たぶん。)

では、今日の話へ。下に昨日の記事貼っておくので良ければ読んでください。

 

クラロワリーグ 世界一決定戦2018。

クラロワリーグ 世界一決定戦2018。この一年を締めくくる非常に大きな大会となりました。

そもそもこの世界一決定戦に出場するには4月から行われていた各地域のクラロワリーグで優勝しないといけない。(シーズン2での優勝が条件)

プロになれるのも一握り。そして48人以上のプロから4人しか世界一決定戦に行くことが出来ない。これが何を意味するかなんて説明する必要もないはず。

各地域で勝ち上がってきたプロチームが1つの場所に集まり戦った。盛り上がらないはずがない。それを今年は日本の幕張メッセで行った。

日本のYouTube生放送の同接は4万人を超え、世界では既に280万回再生が付いている。これらがどれほど凄いことかは言うまでもない。

 

演出が凄かった。

去年行われた世界一決定戦はロンドンで行われました。

その時は「オリンピックでオープニングセレモニーを担当していた人」が演出を担当していたということで演出がとても良かったという印象が残っています。

ですが今年の演出も去年同様、いや去年以上の演出の豪華さを見せてくれました。

何が凄いって2回戦目が終わったときにペッカがドスン!と出てきて。

ペッカがステージに剣を突き刺したと思ったら

どわぁ!!っとステージが切り替わりペッカシアターへと変わりました(語彙力)

(そのシーンは3:34:50辺りから見れます)

 

その他にも決勝戦用に演出がされたり

日本らしく太鼓での演出があったり

もう、凄い。(語彙力皆無というシステムエラー)

 

日本という国で開催されたということに恥じない演出の豪華さでした。

演出と言えば東京オリンピックも楽しみですね。2年前の安倍マリオも記憶に新しい。

 

リアルタイムで情報が届けられる

例えばデッキの下に見られる使用したカード枚数やHPや溢れたエリクサー量を示す数値。

リアルタイムで情報が更新されており、情報が分かりやすかった。

それに加えて試合終わりに使用したデッキとカードの使用回数を表記したもの。

こちらも試合直後に用意され「この試合がどんなものだった」ということが分かりやすくなっていました。

 

どれもこれも世界一決定戦を良くしよう。という手の込んだ作りがみられてとても良かったと思います。

 

おまけ

ポノスのマネージャーがかわいい

真ん中にいるのはポノスのマネージャーさん。

いつかのドキュメンタリー動画でも騒がれていましたがマネージャーがかわいい。けしからん。

勝利したみかん坊や選手&天GOD選手がナイトのスタンプをやっているのにあわせてナイトの真似をするマネージャーさん。

かわいい(確信)

 

ぼんじゅうるをさがせ

1ヵ月ほど前のプレイオフも巷で「ぼんじゅうるを探せ」が流行りましたが今回もちゃっかりぼんじゅうるさんが映っていました。

真ん中の方にぼんじゅうるさんがいるのが分かるでしょうか。

放送内では隣の女性と話しているシーンも見られました。彼女でしょうか。

これは後で問い詰めないといけませんね。

 

まとめ

何はともあれ演出が凄かったですね(それしか言ってない)

今後のクラロワにも期待しつつこれからもクラロワを楽しんでいきましょう。

 

ありがとうございました。

by. 天琥 @amaco711