雑談

好きなことをして生きることが幸せなのか?

久しぶりに今日は軽く雑談みたいな感じでお届けします。

議題は「好きなことを仕事にしてる人は幸せなのか」について。

 

好きなことを仕事に。

好きなことで生きていく・・・

それが数年前のYouTubeが掲げるテーマだったわけですが、「好きなこと」だけで生きていないのはもちろんのこと。

その、好きなことっていうのは、音楽をしている人や絵師さんの人に向けられて使われることが多いような気はしますが。

今回の話は「好きなことを仕事にしてる人は幸せなのか」って話なんですけれど、

「好きなことを仕事にしてていいなー」という発言をよく見られるので、なんか違うなーと。

好きなことをして稼いでいるから楽、と発言する人は仕事の本質を知らない。

嫌な仕事をしてる人が偉いわけじゃないし、好きな仕事をしてる人が偉いわけでもないけど、

好きなことをやっているからと言って楽なわけがないだろう。というはなし。

好きな仕事と言ってもここでは基本的にフリーランスのことを指して話してます。

 

好きなことで生きるのは幸せなことなのか

あなたは5年、10年。いや30年と熱中して続けていられる趣味はあるだろうか。

特別な事情がない限り、どんな状況になってもずっと続けていられるような趣味があるだろうか。

恐らく多くの人は「ない」と答えるだろう。

趣味なんて浮き沈みがあって、やりたくなったらやるし、やりたくなくなったらやめるし。

そうやって自分の気持ち次第で好きに選択できるのが、趣味なわけでありまして。

趣味であっても何十年と続けていくのが難しいのに、

好きなことを仕事にして何十年と仕事が好きなままなわけがないんですよね。

もちろん好きなことをずっと好きなまま続けていける人もいますけどね。

ただ、ずっと高いモチベのまま続けていられるような人はどんな仕事をしていても続いてるのだと思います。

 

ここでは、好きな仕事=フリーランスという定義で話を進めていますが、

フリーランスってやるのも自由だし、やめるのも自由だし。

モチベ次第でだいぶと左右されてしまう仕事でもあります。

でも仕事なのでモチベが無くても、落ち込んでいる時でもやらなくてはいけません。

好きなことが嫌いになってしまうかもしれません。

そりゃあ、好きな仕事が好きな間は幸せだと思いますけれど、

嫌いになった時にまでしないといけないのは幸せなのかーという。

 

月並みな言い方にはなりますが、

幸福指数的には趣味を仕事にしない方が良い人が多い。

仕事が嫌になっても「趣味があるから・・」と頑張ることが出来ますが、

趣味を仕事にしてしまうと趣味が嫌になっても逃げる趣味がなくなってしまうので。

まぁ新たに趣味を作るっていうのもありですが。

一概に趣味を仕事にしてる人が幸せじゃないんじゃないのかなぁと。

 

外からなんとか見た感想で物事を話してしまうのは、なんていうか、ナンセンスだなぁと。

別に趣味を仕事にしてるからといって楽なわけじゃないんだよ~と。

隣の芝生は青いって言いますけど、もっと俯瞰的に見たらいいのにと思います。

人のことを落として自分のマウントを取っても何にもならないし、やめればいいのに。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。